読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えんじにゃーず・ハイ

主にエンジニアや技術情報についてつらつら書き連ねるブログです

職場用と自宅用のマウスを変更しました - Sculpt Ergonomic Mouse

道具

手首が痛い

マウスにキーボードを駆使する現場。激務になればなるほど手首の疲労が蓄積していきます。 ショートカットキーなどを駆使していても限界があります。

職場にキーボードやマウスを持ち込み

私の仕事は所謂IT土方なので、現場があちこちへ変わります。 その際、現場に許可を頂いてキーボードとマウス、ノートPCであればノートPCスタンドを現場に持ち込んで作業しています。 *1

今回新しいマウスを購入したのでレビューも兼ねて。

そんなわけで今の職場もキーボードとマウスを持ち込んでいます。 愛用しているのは下記のキーボードとマウスです。

一度手首と人差し指を痛めて以来、トラックボールに変更してからは手首への負担が激減しました。 また、左クリックした際の「カチッ」という衝撃が人差し指に響いて痛みが走るため、ケンジントンのマウスでも基本的に左クリックは親指で操作しています。

それでも手首が痛い

私は子供のような手をしているため、手から脂が出ずに汗ばかり出ます。 そのためトラックボールの滑りがすぐに悪くなってしまい、ボナンザスプレーをボールに塗布したり、白色ワセリンを手に塗って凌いでいました。

今までの現場ではそれでも問題なかったのですが、今の現場は換気が悪く、とにかく暑い。 そのうち、トラックボールが常に引っかかるようになってしまい、手首への負担が急激に上がってしまいました。

試しにエレゴノミクスマウス購入

他のトラックボールに変更してもこの問題は解決しないだろうし、いっそトラックボールから離れてエレゴノミクスなマウスを試してみようと購入したのがこちらのマウスです。

店頭ではパッケージ付きのものしか売っておらず、6500円ぐらいしました。 パッケージ無しのこちらは3000円弱で購入することができました。 レビューを見ていても値段の違いはパッケージの有無だけのようです。価格は変動するみたいなので購入する際は比較してみてください。

レビュー

こちらのマウス、ボール型のようなマウスで手のひらで覆いかぶさるようにしてマウスを持ちます。 今までのマウスだと手のひらが下に向けていたのが、このマウスだと手のひらを横にするイメージです。 ですので手首を捻らないんですね。

これだけでも手首への負担が軽減されることを実感したのですが、マウスのクリック感も私は好みです。 トラックボールに変更する前はロジクールのマウスを使っていました。

ロジクール MX レボリューション MX-R

ロジクール MX レボリューション MX-R

このマウス、性能は高いのですがチャタリングが酷いのに加え、クリック感が高くて指に響くんですね。 それで指を痛めてしまったのですが、マイクロソフトのマウスはクリック感が低く、重みがある感じです。 多少は指に響きますが、それでも今まで使用していたマウスより断然クリックしやすい。

ちなみに私は手が結構大きいのでフィットしましたが、手の小さい方でもフィットするかどうかわかりません。 また、マウス本体には単三電池2本入っているのでマウス自体はかなり重めです。 f:id:areph:20160207133309j:plain

計ってみたら157gでした。 大きさに加えて重さも人によって好みが分かれると思いますので、購入する前に一度触ってみることをお勧めします。

気に入った

職場に持ち込んで一日使用し、気に入ったのでその日に自宅用としても購入しました。 ラバー部分の劣化が早いとのことですので交換を前提ですが、3000円ならまあ安いかなと。

この業界、マウスとキーボードは切っても切れない関係ですので、少しでも身体に合った道具を選びたいですね。

*1:他の方からよく 「与えられた環境で仕事をこなせるのがプロでしょう?」 と言われるのですが、プロこそ自分の道具に拘りを持つのではないでしょうか。 「じゃあ持ち込めなかったら仕事できないじゃないですか」 とも言われるのですが、別に持ち込めなくても仕事はできます。 ただ、持ち込んだ方が生産性は確実に上がるし、身体への負担が軽減されるので可能であれば持ち込みたいというのが持論です。