読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えんじにゃーず・ハイ

主にエンジニアや技術情報についてつらつら書き連ねるブログです

ギルドワークス・ミートアップ 〜プロダクト改善と現場改善〜に参加してきました

プロダクト改善と現場改善

guildworks.doorkeeper.jp

ギルドワークスさん自体は存じ上げていませんでしたが(失礼)プロダクト改善と現場改善は非常に興味がある話題だったので参加させて頂きました。

やはり皆さん現場を改善する立場にある方が多く、苦労話や経験談など非常に面白い話が聞けました。良い意味で濃い人が多かったように思います。これ系のキーワードイベントは要チェックですね。

プロダクト改善

ギルドワークス市谷さんのお話。

すみません、最初は正直頭に入ってきませんでした。抽象と事象をそれぞれ分けて考えて本質を考えましょうというのはわかるのですが。ミニマムな機能開発をしていないんじゃないかと疑問に思ったのですがそれは私の誤解でした。

  • プロダクトの改善は仮説の立て直しから行い、キャンバスを使ってプロダクトの目的、ビジョン、課題、優位性、収益モデルなど図示して可視化する

    • 非常に良いアプローチだと思いました。これをお客様と認識を擦り合わせ、図示することで関係性も見えやすくなる
  • お客様と合宿してプロダクトの仮説を立て直す会を開く

    • 衝撃でした。そんなの中々できなくないですか。私からはとても提案できません…
    • さらに夜は人狼で人の本質を見抜くのが楽しいそうです。人狼すごい
  • ユーザーインタビューしてみると「あれば使うだろう」と言ってくれているのに実際にはあまり使われない

    • 機能はあるに越したことはないと考える人は多いと思います。でも実際使うかどうかはその段階ではわからないことも多い
  • ユーザーがどんな操作しているかは動画に撮るのがいいそう

    • Reproを使えばそれが可能だとか
    • これは価値のあるサービスですね。用意した導線が使われていなかったらUI/UXに問題があるとわかるだろうし

repro.io

プロダクトに対して常に改善するように正面と向き合うことが大事なのだと感じました。

現場改善

ギルドワークス中村さんのお話。

時間が押していてあまりメモできなかった…。

  • タックマンモデル

  • 新しく加入する人材を見極めるのには職務経歴書などを拝見する

    • 例えば「Java歴10年」の人がきたら「おおJavaバリバリですね!」と判断してしまう
      • それは痛い目見るので絶対に信用しません…。技術者は経験年数では判断できない
  • 新しく加入する人材を見極める際に4つの質問をする
    • 自分は何が得意なのか
    • 自分はどうやって貢献するつもりか
    • 大切に思う価値はなにか
    • メンバは自分に何を期待しているか

懇親会

食事が振舞われて無職としては非常に非常に嬉しい!

参加者ともいろいろお話ができて楽しかったです。ビアバッシュ形式でも話することができた!

終えて

短い時間でしたがかなり勉強になる時間でした。ギルドワークスさんは他にもイベントをしているようなのでそちらにも参加してみたいと感じました。東京は変わった会社が多くて面白いですね。