読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えんじにゃーず・ハイ

主にエンジニアや技術情報についてつらつら書き連ねるブログです

Rails開発時に画面描画が遅くて開発テンポが悪い時に検討する設定

Rails プログラミング

https://gyazo.com/fcad0db86ef7d9aaa6c65b6581d063b5

今まではJavaC#をメインで開発してきたのですが、Raisエンジニアになってから開発のテンポが遅くなったことがあります。

それはローカルで動作する画面が遅いこと。

ページ遷移一つとっても数十秒待たされるのでとにかく開発テンポが落ちます。Railsサーバーに出力されるログを見ているとサーバー側の処理は割りと早く終わっているので、フロントエンド側に問題がありそうです。

で、調べてみたところ

config/environments/development.rbへ下記の設定をすると描画読み込みが本番と変わらないぐらい早くなった。

config.assets.debug = false

この設定は何をしているのかというと、本番環境と同様にassets配下にあるcssやjsをapplication.js|cssに纏めるというもの。

設定ファイル(config) - - Railsドキュメント

その代わり、jsをデバッグしようと思うと全てのjsがapplication.jsに統合されてしまっているのでどのjsファイルかわからなくなってしまう諸刃の剣。

jsの修正が無い時に手早く開発したい時には有効な設定でしょう。これでも遅い場合はサーバー側の処理が遅い可能性があるので、クエリを見直したりしてみよう。

これで開発のテンポが少し上がった気がする。Railsエンジニアの方で他に有効な開発方法があれば教えてください。